写真撮影用ボックスはダイソーの100均グッズで作れます。

ヤフオクで一番重要な部分は、写真とタイトルです。

この二つで売れ行きが左右されます。なので、数ある商品群の中から選んでもらえるような写真を撮らなくてはなりません。

ヤフーオークションにいくつか出してるうちに、撮影用のボックスが欲しくなりました。

写真撮影は、今までデジタル一眼レフで撮ってたのですが、床に商品を置いて上から斜め下へ向かって撮影するので、とてもやりにくかったんです。

Amazonで調べてみると、撮影用キットなるものが1500円ほどで売ってました。けど・・なんとなく気が進みません。

 

大きさも小さいし、コメント読むとすぐに壊れそうな感じがして。

ネットで調べたら、なんとダイソーの100円均一で材料が揃えるようなので、さっそく買ってきました。

撮影ボックスの材料

組立ラックシリーズのを5枚 枠を止めるのが8か所分 前部で700円です。

この組立ラックは、使わなくなったら解体しておくと場所もとりませんし、ちょっとした棚になるので再利用もできます。

一枚ずつ組立ますが、白いパネルを黒いジョイントを使って組み立てるだけなので、女性でも簡単にできます。

 

一部組立てたところ

このような形ではめ込んでいきます。適当ですが、できました。

完成したものがこちらです。

奥から白いビニールの敷物を垂らしてます。すこし隙間を隠すためです。

上の照明は、ほんとはデスク用の蛍光灯があったので、それを使う予定でしたが、私が色々触ってたら壊れてしまいました。

角度を変えようと触ってたら中の金属が折れてしまいました・・年数も経過していたので劣化したものと思われます。
あきらめて購入しようかと思ってたら、夫が建築の仕事用に使ってる照明があるので、譲ってくれました。めちゃ明るい!!

それが写真のこれです。

ちょうどいい角度に、はさめましたので有難くいただきました。

照明の明るさも良かったので気に入りましたが、Amazonを見るとなんとこんなものが売っておりました!

こっちの方がよかったかも。

こちらもお値段安くて980円です。ハサミで長さも変えられて、テープで貼って使うというのがいいな~。ショーケースなどに使ってるらしいです。これなら、外側の上部から照明するのではなく、内側の上部に張り付けて使えますね。電源がUSBからなので、PCから取るか、スマホの電源から取るかになると思います。

実際に使って写真を撮影した

すごい照明の光です。これがあると洞窟でも使えそうなくらいです。まぶしい!!

今は置くところがないので、プリンターの上に置いてます。位置が高すぎて使いにくいので検討中です。

撮影した物がこれです

撮影したあとは、Photoscapeで編集します。

Photoscapeは画像をプロの仕上がりにしたい方や写真にちょっとした加工をしたい方のためにあらゆる機能を搭載した写真管理ツールパックです。

ちょっと加工するだけどころか、ほとんどこれでまかなってます。

電気の光で足りないところは、編集ソフトで明るさを強めにするとバックの暗さや影も消えてくれます。

それよりも「輝かせる」を使うときれいに見えますのでお勧めです。

ヤフオクでの写真のコツ

ヤフーオークションでは、写真はあまりにきれいに撮れすぎると無在庫を疑われてID削除という事もあり得ますので、プロのようなものばかりより、何枚かは実際に手元にあるよって感じの写真があった方がいいです。

10枚掲載できるので、私は10枚フルに使って、商品をいろんな角度から撮影したり、手にもった写真も載せております。

写真に文字を入れて、簡単な説明を入れたり、複数を重ねたり、矢印や囲み枠を使って強調してみたりと工夫をしてます。

よく売れている出品者の写真の撮り方や説明文、そしてタイトルの内容をよく見て、マネしていくのも方法です。売れるのはそれなりの理由があるからです。

まとめ

ダイソーの100円均一を使って、写真撮影用のボックスは思ったより簡単に作る事ができました。

撮影用のキットはたくさん売ってますが、安いものだとそれなりのようです。この100均の材料は、安いけどまあまあしっかりしてると思います。ペラペラではないです。

カメラについて、私はデジタル一眼レフで撮影してますが、たまにスマホで撮影してパソコンにWIFiで飛ばす事もあります。

写真をWebに載せるだけなので、そんなに高いカメラでなくても十分です。売れるのが一番の目的なので、いかに実物に近いものを載せるかが大事です。

あまりきれいだと、色が違うと言われたこともあるので( ;∀;)、その辺のさじ加減が難しいです。

かっこよく撮るというより、商品の良さが伝わるように心がけてます。商品に愛着がわいてくるほどになれば、どうしたらこの商品の良さがわかってもらえるのかと考えるようになります。