ヤフオク初心者がクリックポストを使ってみた。発送方法について

ヤフーオークションを始めて数か月が経ちました。

売れた商品も20を超えて、苦手だった発送について少しわかるようになってきました。

いちばん困ったのが発送する時です。何もかもが初めてで緊張する事ばかりでしたが、何度かやったら実にわかりやすいシステムだと思いました。

クリックポストとは

 

  • 自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができます。
  • 全国一律運賃で荷物を送れるサービスです。
  • 郵便ポストからいつでも差し出せます。
  • 追跡サービスで配送状況の確認も可能です。
  • フリマアプリやネットオークションに出品した小型の商品などを、安く、簡単に送ることができます!1品あたりの送料が185円(2018年9月1日(土)より変更)
  • オークションの荷物以外でも、普通に送ることができます。
日本郵便HPより

クリックポストで送れるもの

長辺14~34cm以下、短辺9~25cm以下、厚さ3cm以下、重量1kgまでの荷物 
※損害賠償はされません
※信書・現金を送ることはできません

やってみたので忘れないように書いておきます。

クリックポストの申し込み方法

クリックポストの利用には会員登録が必要です。
自分のYahoo! JAPAN IDでログインしてから、名前、住所、Eメールアドレスの必要な情報を記入します。

クリックポストは、決済にYahoo!ウォレットを使うので、もし登録していない場合ははそちらを先に登録する必要があります。ヤフオク!を使っていれば大丈夫でしょう。

 

ヤフオク画面の発送からするやり方です。

クリックポストはヤフオク以外でも使えます。メルカリなどでも使えますのでその場合は日本郵便のサイトから申し込みます。

このページからは同じになります。

まとめてする場合もできます。今回は一件だけの場合。

お届け先を入力して、支払手続きをします。

クリックポストの印刷方法

自宅のプリンターで印刷

用紙は、指定のシールなどではなくてもいいです。いつも使ってる用紙に印刷して点線を切取ります。あとは剥がれないようにしっかりテープでとめるか、ノリで接着するだけでいいです。

要するに、ダンボールやビニールに張り付けて剥がれないようにしておけばいいのです。

印刷に失敗した時はやり直せる

クリックポストの申し込みで入力時に、何度も「取り消しが出来ない」と出るので心配になりますけど、印刷に失敗しても郵便局で窓口を通るまでは、料金が発生しません。何度でもやり直しできます。

ここがポイント
プリントに失敗しても郵便局の窓口の受付が終わってなければ、やり直しOK。支払は発生しません。

 

箱でもビニール袋でもOK

ハサミで切取り線を切って包装した荷物に張り付けます。クリックポストの大きさに合わせて作られた段ボールボックスも売ってるのでそれを使ってもいいし、ビニール袋に入れてもいいです。

ここがポイント
箱に入れなくても、ビニールでも使えます。大きさと重さが規定内であればOK

大きさが、長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下、重量1kgまでの荷物 になれば大丈夫です

中身によってビニールと箱で使い分け

クリックポストを使う時、専用の箱が売ってたのでそれじゃないとダメと思ってました。でも、調べてみるとビニールで発送してる人もいたので、中身によって使い分ける事にしました。

例えば、段ボール箱を使う時は、中身が変形したら困るものです。郵送中に壊れそうなものであったり、繊細なものは段ボールにいれるように、手袋やTシャツなどの布製品はビニールに入れました。

段ボールの方が買う時高いので、できるだけビニールに入れるようにした方が節約できます。でも、プチプチに入れるなど商品に配慮して梱包した方が印象が良くなります。

OPP袋で新品のように見せる

いきなり商品を入れるのではなく、OPP袋に入れてから箱やビニールに入れると、見栄えもよくてきちんとしていると思われますので、ひと手間惜しまず梱包した方がいいと思います。

最初はとりあえずA4とB5があればいいかと思います。

 

 

 

梱包した状態

それと、手続きしてる時に何度か支払を決定しますの文言がでてきましたが、最終的に郵便局で受け付けをしたら支払が発生します。もし、入力し間違えたとか、紙がやぶけたとかで作り直ししたとしても、まだ窓口に持っていって受付してなければ支払は発生しません。

ここがポイント
注意するのは厚みが3センチ以内なので、超えると利用できません。

クリックポスト専用ボックスとビニル袋

 

厚さを測定する定規が便利

郵便局へもっていくかポストへ入れるかなのですが、大きくてポストに入らない時は郵便局へもっていきます。

郵便局では下のような定規に商品を通します。これに通過しないと受け取ってもらえません。

 

私は、入らなくて何度か持ち帰って包装しなおした事があります。クリックポスト専用の段ボールにギュウギュウに押し込んでて横からみたら、じゃっかん真ん中が膨らんでいたのですが、専用の段ボールだし大丈夫と思ったら。

入口は入ったけど、真ん中でつっかえて通り抜けできませんでした

ケイコ

ちなみに重さも1キロg以内です。1g多くてもダメですので注意してくださいね。

ギリギリの重さや大きさは注意

ギリギリの重さに、お礼状を入れて持っていったら、1g多かったのでお礼状を取り出した事もあります。また、おまけを入れたけどその分オーバーした事もあります。

家で測るときは、余裕をもってやった方がいいです。何度も家と郵便局を行き来しないといけなくなります。わたしも最初慣れるまでは、結構失敗しまして何度も自宅と郵便局を往復する羽目になりました。

それと万一配送途中に事故があった場合でも、内容品の損害賠償は行いません。

でも配送の追跡サービスが付いているので、安心。

まず厚みが3cm以内であれば、クリックポストが使えるかどうかを調べて、節約したいものですね。

追加

クリックポストの金額が上がりました。

クリックポストについて、以下の通り運賃を改定させていただきます。
■旧運賃(改定前):164円(税込)
■新運賃(改定後):185円(税込)
■改定実施日   :2018年9月1日(土)

※2018年8月31日(金)23:30(予定)までに支払手続きが完了したお取引に関しましては、旧運賃でご利用いただけます。

20円ほど上がっても安いので、これからも利用する思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です