いびきラボを使ってみて私のいびきが減少した理由 

      2018/02/12

いびきラボで 2週間ほど自分のいびき音を録音しました。

想像では、かなり酷いいびきをかいてると思ってましたが、実際はちょっと違ってました。

私のイビキを録音して聞いてみたら

家族から聞いてたのは 「息が止まるようなイビキ」「寝入りばなにひどい」「30分ほどしたら止む」「ほとんど毎日」などなどです。

でも、いびきラボで録音してみると、風邪をひいてた最初の頃は酷かったけど、あとは3日に一回くらい、10分から30分ほどイビキをかいてる。

息は止まってないし、ひどいイビキは減って来て最近はほとんどイビキをかいてない事に気づきました。

家族から聞いてたのと 違う・・・

いびきラボはこちらからダウンロードできます。無料お試しもありますが550円ほどで何日でも録音可能になるのでそちらをお勧めです。

GooglePlay「いびきラボ」

AppStore「いびきラボ」iPhone 版

AppStore「いびきラボ」iPad版

私のイビキが減少した理由は何か

考えられる理由としては、録音して数日後からやり始めた事と変えた事があるのです。

  1. あいうべ体操を始めたこと
  2. 敷布団をトゥルースリパーに変えた
  3. 横向きに寝るようにした
  4. 枕に肩までのせて寝るようにした
  5. 鼻の穴を広げる拡張グッズを使った

なのですが 5のグッズは私にはあまり効果がみられませんでした。

効果がはっきりと感じられたのは1から4のどれかなのです。もしかしたら全部かもしれません。この4つを実行してても3日に一度10分程度イビキをかいてたのですが、枕にのせる肩の位置を枕にのせるようにして寝るとそれもなくなって、まったくイビキをかかなくなりました。

 

私のイビキの種類はなにか

息を吸うときに音がなります、吐くときはスーと聞こえます。息が止まる事はありませんので、病院へいって治療するレベルでもなかったので安心しました。

子供の頃から扁桃腺肥大なので、風邪をひいたらひどくなってたと思います。なので寝た状態で舌の筋肉が喉の方に落ち、扁桃腺肥大部分で喉が狭くなって、のどちんこが震えて音が出たと思われます。

口は閉じてますので、鼻と喉の奥でイビキ音がでたので、私の場合口にシールを張るのは無意味ですね。

イビキの種類 鼻なのか口を開けるのか、でも対策が変わってきます。

いびき防止の対策をやってみたら

対策1 あいうべ体操

口を大きく開けて 「あいうべー」と言うだけの簡単なものです。これは舌の筋肉を鍛えますので、高齢になったら誰しも舌の筋力が落ちてきますので ぜひお勧めします。

べーの時は 舌を思いっきり下の方へむかって出します。

忘れやすいので、私は寝る前や起床時に決めてやってます。

対策2と3 敷布団をトゥルースリパーに変えて横向きに寝る

五十肩をした時、痛くて朝起きれなかったので購入しました。今回は、横向きに寝るのに活用してます。私は、寝がえりをあまりしてないようなので、同じ方向に向いて寝ると体の重さがずっと同じところにかかるのを避けるためです。

トゥルースリーパーは、結構からだが沈みますので慣れるまでちょっとかかりますが、慣れたら長時間寝ても体が痛くなりません。前は長時間の睡眠でよけいに疲れたりしてましたが これのおかげで好きなだけ寝れるようになりました。

横向きになるのに、一方向への体重負担が分散されていいと思います。肩こりなどもマシになった感じがします。

 

対策4 枕に肩までのせて寝るようにした

私の枕は安いパイプ素材の枕ですが、固めが好きなのでパンパンに入れてます。トゥルースリーパーのマットレスにすると、枕の高さがあっても下に沈んでくれるので 自然とちょうど良い高さになってます。

ただ、今までは頭だけのせてたのを 肩からまくらにのせるようにしました。そうすると首が安定してあごを引かないで眠れます。首が疲れないおかげで肩こりもマシです。

枕は頭だけをのせて寝るのではなく 肩も首も枕で支えて寝たほうがリラックスできます。首に隙間があると緊張してるので肩こりになりやすいです。

そのせいで 呼吸がしやすいのかもしれません。もう少しパイプを微調節してみたいと思ってます。今パイプを出して洗濯してますので、小袋を利用して首と頭を支える場所を作ってみようと思います。これは次回に説明します。

こちらの枕もおすすめです(いびき 防止 枕)
東洋医学で理想の寝方とされる横向き寝をサポートする枕



 

 

 - いびき対策