ヤフオクで売上アップ上級者用。同梱への誘導リンクの作り方を二つ紹介

ヤフオクで購入していただく方法には、単品買いと、商品をいくつか一緒に購入するまとめ買いがあります。

単品買いとうのは、商品を一つだけ購入する事です。

まとめ買いというのは、例えば子供用品を売ってる場合、単品で売ってる子供服とくつとお稽古バッグを3点同梱をする事です。

一つ一つは安い値段ですが、まとめて複数購入してもらえたら一度にたくさん売れます。100円均一で買いものするとあれもこれもと買ってしまいますけど、その心理を狙う感じでしょうか。

誘導リンクを作る方法は2つありますので、やりやすい方法で使ってみてください。

同梱を誘導するリンクをつくる

出品者が、ヤフオクの商品詳細を書く時に、説明文の中に商品一覧のリンクを書いておきます。

その方法ですが、よくあるのは一番最下位のところに こんな感じで見かける事がよくあります。クリックすると出品者の商品一覧へ飛びます。

でも、一つのカテゴリだけしか出品してなかったらいいのですが、いくつかのカテゴリで出品してると、全部まぜこぜに表示されアクセサリーの中に子供服があったりします。わかりにくく ここはいったい何屋さん?って感じに見えますね。

カテゴリごとに分かれてたら見やすく、一つの専門商品をたくさん扱っているな~と思ってもらえます。

たくさん品揃えをしてると、ついでにこれも買っておこうと思ってもらえるチャンスです。そのためにざっくりでもいいので、同じ種類の商品でまとめて表示した方がいいです。

まずは誘導リンクを作る前に、準備をします。検索を利用してまとめますので、検索にひっかかるよう同じキーワードを文章中にいれておきます。パソコン関係なら、説明欄にもパソコンの文字を入れておきます。他にはアクセサリーや子供服などです。

誘導リンクの事前準備

私はドリームという、オークションの商品紹介欄をつくれる無料のテンプレートを使ってます。そこで本文のたたき台を作ったら、次にオークタウンへ貼り付け、金額や配送方法、更新の回数など細かい事を入力し完成させます。オークタウンからヤフオクは連動してますので、出品作業が簡単にできます。

無料のテンプレートで、カッコいい商品紹介欄を作る⇒オークタウンへ貼り付ける売⇒オークタウンで金額や配送方法、更新回数、など細かいところを入力します。

オークタウンで入力して詳細を作る時、誘導リンクを入力します。

その前に、検索にひっかかるようにしなくてはなりません。

検索ではキーワードを使うので、例えばパソコンの一覧へ誘導したいときは、「パソコン」と商品紹介の文章へ入れておかないと検索してもひっかかりません。それが事前準備です。

誘導リンクの作り方その1では、キーワード+オークションIDも入れておきます。

誘導リンクの作り方その2では、キーワードだけでいいです。

 

誘導リンクの作り方その1

  1. ログインした状態でマイオークションの中にある、出品中をクリックすると一覧が出てきます。
  2. 右上の検索アイコン横の条件を指定をクリックします。

このままでは、オークション全体から検索をかけてしまいますので、出品者だけの商品を選んで、さらにその中からキーワードを選択します

条件設定のやりかた

  1. 条件設定に自分のID、キーワードを入れます。
  2. キーワードは子供服とか、ピアスとか、検索して出すために商品の文章中に、キーワードを入れておく事が必要になります。文章中に入ってないキーワードは出てきませんので、必ず決めたワードを消費説明の文中に入れます。それと、IDも文中に入れます。
  3. タイトルと商品説明にチェックを入れておきます。

カヨ

商品説明の文章の中に、決めたキーワードとIDを忍ばせておくのがポイント。

 

すると検索をかけた時に、自分の商品一覧とキーワードで選択された商品が並んできます。

ここで出てきたブラウザの検索窓に出ているアドレスをメモ帳へコピーしておきましょう!

商品説明内の誘導リンクの作り方

<a href=”〇〇〇” >ピアスは他にも出品しています</a>

上の〇〇〇のところへ、メモ帳へ記録したアドレスを入れます。ピンクのところはキーワード

作成出来たら、コピぺで商品紹介のHTMLタグ入力画面にして貼り付けましょう。

クリックしてもらえたら、キーワードの商品一覧が出てきます。

完成品はこんな感じ

 

この他にも出品していますの文言は、自分で好きに決めていいです、ここをクリックするともっとたくさん見れますよ~とか、思わずクリックしたくなるような言葉を使います。

誘導リンクを作る方法その2

先ほどの作り方でもいいのですが、もう少し簡単に作れる方法もありました。

 

マイオークションの、下の赤まるのところ(現在の評価ポイント)をクリックします。

 

 

続いて赤枠の出品リストところをクリックします。

 

 

出品者の商品一覧が出てきます。検索窓に誘導リンクに入れるキーワードを入れます。例えばまとめたい物がパソコンであれば、パソコンと入力します。その前に、商品詳細覧にもパソコンと入れておくことを忘れないようにしましよう。

 

そのまま上を見て、ブラウザの検索窓に出ているアドレスをコピーします。メモ帳に張り付けておきます。

商品説明内の誘導リンクの作り方

<a href=”〇〇〇” >ピアスは他にも出品しています</a>

上の青いのところへ、さっきメモ帳へ記録したアドレス(上の赤丸)を貼り付けます。ピンクのところはキーワード

作成出来たら、コピぺで商品紹介の中へ貼り付けましょう。HTMLタグ入力画面にして貼り付けましょう。

クリックしてもらえたら、キーワードの商品一覧が出てきます。一つだけでなく、いくつかまとめて購入してもらえるように設定をしました。

完成品はこんな感じ

 

これを基本にして、応用編

絵を入れたり、目立つようにすれば他の商品へ導線を貼る事ができて、同梱をしてもらえる可能性が高くなります。

したがって、売り上げも増えると思います。

絵を入れる方法は、ヤフーボックスを使って簡単にできますが長くなるのでまた後日に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です