アフィリエイト収入2018-07月 サーチコンソールとキーワード

先月に引き続き、アフィリエイトで毎月の状況を記録していきます。少しずつですが、PVも順調に増えてます。

収入のほうはいまいちかな。

今月も家庭の都合であまり更新ができませんでした。

3サイトありますが、それぞれゆるく分けてます。特化ブログをつくりたいのですが、それだとある程度、記事を書いたあと更新が出来ないと思うので特化ブログはまだ書いてません。

たまに、まったく関連性のない内容をどのブログに入れたらいいのか悩みます。別のサイトを作るのかどうしようか。

しかもその関連性のないものが、PVを稼いでたりすると、余計新しいサイトへ移しにくいです。

2018年7月のアフィリエイト状況

3サイト 収益合計 5877円

3サイトのPV数 12520

コンテンツの数 約  記事 250

  • サイトA、Bは雑記ブログですがざっくりと男性と女性でペルソナを分けています。
  • サイトCはゆるい特化ブログにしてます。

今月やった事

サーチコンソールとアナリティクスについて私なりに分かった事を書きます。

サーチコンソールでわかる事

サーチコンソールはもうすぐ新しいバージョンに変わります。私はあと数日で切り替わるらしい。

 

新サーチコンソールで出来るようになった事

  1. 16 か月分の検索トラフィック データを使用可能(旧バージョンでは 3 か月分)
  2. モバイル対応
  3. 特定のページに関する詳細情報(インデックス カバレッジ、正規 URL、モバイル ユーザビリティなど)
  4. クロールの問題の影響を受けたページの再クロールを監視、修正、リクエストするためのトラッキング フロー
  5. 新しいまたは改良されたレポートとツール          (出典元 Googleヘルプ)

新サーチコンソールの使用感想

1、今までは3か月分のデーターしか見れませんでしたが、16カ月もさかのぼってみる事ができるので去年と今年で比較ができる

2、モバイルで検索されたデータ中心。検索順位を決めるのがモバイル中心に変わったので当たり前か。

3、特定のページに関する詳細情報がわかる。モバイル ユーザビリティになっているページがわかる。修正したらすぐにインデックス登録ができるのはいいけど、モバイルユーザリビティになっていないページをすぐに見つける事ができない。なんとかならんかしら

4、重複ページなど問題があるページの修正がわかりやすい。修正された問題を再クロールするためのワンクリック リクエストを利用できる。

5、サイトへのリンクで、どこにリンクされているのかわかりやすい。

6、修正済みページのインデックス再登録をリクエストしやすい。一度書いた記事を書き直ししても早くインデックスできる。

新サーチコンソールでは出来ない事

  • クロール統計データ(1 日あたりのクロールされたページ数、1 日あたりのダウンロード容量(KB)、ページ ダウンロード時間)
  • robots.txt テスター
  • Google 検索での URL パラメータの管理
  • インターナショナル ターゲティング(hreflang タグの管理、または優先的にターゲットとする国の設定)
  • データ ハイライター ツール
  • HTML の改善
  • メッセージの読み取りと管理
  • アドレス変更ツール
  • 使用するドメインの設定
  • Search Console プロパティとアナリティクス プロパティの関連付け
  • リンクの否認
  • インデックスからの古いコンテンツの削除
  • プロパティ セットはまだサポートされていません    (出典元 Googleヘルプより)

出来ない事で不便な事って今のところないけど。インデックスからの古いコンテンツの削除はあった方がいいかな。URL間違えて日本語になったままで登録したときなんか、削除したいわあ。

あ、でも重複コンテンツで上がってきたら、正しいURLで再登録をリクエストしたらいいのだった。

 

SEOの情報

まず最初の頃は、キーワードをどんな風に入れたらいいのかよくわからなかったけど、あれこれ調べてようやくこの方法に落ち着きました。

キーワードの選び方とアフィリエイトで検索されやすい記事にする方法

関連語句をいかに書き出せるか、頭の体操みたい。

グーグルサーチコンソールで見ると、稼ぎ頭の記事では、ほっといてもたくさんのキーワードを拾っている。

意識してたくさん文字を入れていないけど、Google先生はニュアンスのよく似た意味まで拾ってくるからすごい。わざわざ調べて含めたわけじゃないのにすごい。

なので、記事を書いたあとに出現率を調べて、へんな文章にしない方がいいのかもって思う。

どうしても、上位にあげたくて出現率を調べて小細工した記事があるけど、なんの変化もなかった。やり方がまずかったのかもしれないけど、とにかくキーワードの出現率を5%にするのには非常にめんどくさい。

5000文字も書いたら、そこからキーワードを5%に持っていくには時間がかかりすぎる。

カヨ

時間の無駄かもねー

なんだろう?出現率を何%にするかではなくて、順位が大事なのだろうか。

最近思うけど、記事を書いてしばらく放置してから順位が上がってこなかったら「なぜだろう?」って出現率調べてみてもいいと思う。

 

Google先生は、200以上のアルゴリズムで検索の上位を選んでるらしいけど、200もあったら順位も%もほんのわずかな事なのかもしれない。

それに、1年のうち何度もアルゴリズムを変動してるっておっしゃってた。しかも、日進月歩で変わっていく。

残されたのは、独自性のあるコンテンツものを作るしか方法ないのかも

それと、長く続けていくこと。情報の古い記事を新しく書き直したり(リライト)、新しい内容を追加していくこと

この続きは8月分です

アフィリエイト収入2018-08月 過去記事のリライトをした