アフィリエイトで記事を書く為に初心者が気をつける事

ずっと続けてた無料ブログを卒業して、2年ほど前からワードプレスで記事を書いてました。

どこかのサイトで「まずは1記事で1000文字くらい書きましょう」と書いてあったのでその通りにしてました、でも検索ではほとんどひっかかりませんでした。

1000文字ってあっという間に書けるので、案外苦労せずに書き上げてしまいます。もう少し書けそうでも、1000文字を越えたかなと思うと安心してしまい、それ以上書きませんでした。

とにかく毎日何かを書いて更新して、記事を100にしようと思ってました。

中身の薄い記事を大量生産してたんです。

たまに、え、これが?と思う記事が上位になってびっくりするのもありますが、それはめったにない事です。

文字数が少ないとSEO的に弱い

今まで書いてきて感じるのは、最低でも3000文字、できれば4000文字書かないと検索の上位へ食い込まないという事です。

たくさん書く人は5000文字から1万文字書くみたいですが、化粧水の記事を書くのにそんなにたくさん書けませんよね。

カヨ

長い記事は書くのが大変
文字を増やせばいいの?

ケイコ

では文字数が多ければいいのかとダラダラと無用な言葉を書くと今度は読んでもらえなくなります。

興味がない、わかりにくいなどでせっかく読みにきてるのによそへ離脱してしまいます。

Google先生は、書かれた記事がみんなが必要としている内容なのかをきっちり調べて、検索で上の方へもってきます。

私も検索すると、最初の1ページ目を選んでサイトへ行く事が多いです。

ちなみに2ページ目になると見てもらえる確率はガクッと減ります。スマホならもっと小さな画面で見るのでなおさら上位にいないと見てもらえません。

どれだけ良い事が書いてあっても、1ページ目の上位に入らないと誰の目にも止まらない事になります。

とにかく、1000文字よりも最低3000~5000文字を書けるようになりましょう。中身は、ダラダラしたものではなく読みに来た人が、知りたいと思われる情報を調べてかきます

よく読まれてる記事は少ない

人生を変える80対20の法則って聞いた事がありますか?

世の中のほとんどの事がこれに当てはまるという事です。例えば会社全体の売り上げ100とすると、上位20人の人がその80%を稼いでいるといった感じです。

私の1サイト目が120記事ありますが、そのほとんどを10記事が稼いでます。しかも、トップの記事は1記事で全体の4割を占めています。

言いたい事は、書いた記事の中で売り上げているのは上位の数記事で、あとはそんなに読まれていないという事がわかります。

ある週7日間のクリックですが。全体814に対しトップの一記事だけで314でした。この記事のクリックが減るとサイト全体が激減します。

こればかりに頼るのは怖いのですが、もともとのボリュームが大きいとこうなるのでしょう。

つまり、たくさんの人に見られているキーワードで上位にくれば、少しの力でも大きな利益を出せるかもしれないのです。

たくさん記事を書くのも、新たなキーワード発掘の為にいいかもしれませんが、それと同時に過去記事を書き直したり、加えたりして検索の上位に持っていく作業も大切です。

なので、慣れてきたらキーワードを見つける作業も勉強していきたいと思います。

また先ほどとは逆に、大きなボリュームでなくて少ないボリュームでも商品が売れる事もあります。それは現在勉強中です。

記事を書くポイント

いろんなサイトを見て、検索の上位にいるサイトは文字数が圧倒的に多いです。

1000程度の文字数のページを増やすよりも、1記事の文字数を3000~4000文字にした方が検索の上位に上がれます。

なぜかというと、文字数が多いとキーワードがたくさん入るからです。

ただし、内容についてもGoogle先生はよく見てますので品質が低いと落ちていきます。

今まで記事を書いてきて気を付ける事をまとめると

  1. 記事の文字数を最初は2000文字以上書く。あとから追加して3000文字以上
  2. 記事のタイトルは、キーワードプランナーでボリュームのあるワードを入れる。
  3. 記事に見出しH2やH3をつけて順序立てる。
  4. 写真を多めに掲載して、読みやすくする。
  5. ターゲットを明確にする。
  6. 導入悩み、使用方法、使用感想、おすすめ理由、口コミ、お得感

おおまかにしたら、こんな感じです。

検索順位を上げる書き方

私のやり方は、最初は1500文字~2000文字くらいで書き始めて一度放置します。あとから内容を増やしていく方法です。

Googleサーチコンソールというのがありますが、書いた記事がどんなキーワードで検索されてきたのかがわかります。ある程度期間がたてば、情報が溜まってきますので、それを元にして書き加えていきます。

記事は一度書いたら終わりではなく、時々書き足してキーワードを増やしていくとそこから新しいワードのヒントがもらえます。

実は、サーチコンソールで増えてきたキーワードをどのように次につなげていくかがわからなくて、ずっと悩んでました。

パソコンの事はパソコンに聞けとはよく言ったものです。わからない事は、ネットで検索するとほぼ答えがでてきます。

サーチコンソールで集めたキーワードは、ワードそのものより、そこからどんな情報を求めて記事にたどりついたかを推理してあげるといいのです。この辺はサーチコンソールを使いこなせないと難しいですが、何度もやってると慣れます。

もっと書くと、頭がパンクするのでこの続きはまた別に書きます。

いままで、ざーっと大まかな事を書いてきましたが、これを基本にワードプレスを使って記事を書いていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です