プラグインのバージョンアップ後ワードプレスのダッシュボードに入れず困ったら

ワードプレスでプラグインを入れてたら頻繁にバージョンアップのお知らせがくるので、いつものようにサクッとバージョンアップしてました。

本来は何かあった時の為にバージョンアップする前には必ずバックアップを取らないといけないのわかってたけど、バックアップもとっておらず、バックアップしても元に戻せる方法もわからない初心者だったのでほんとに焦りました。

しかも2つあったブログがどちらも深刻なエラーという表示が出てます。

さらに、ブログのダッシュボードに入れなくなったのは困りました。ダッシュボードに入れないと、プラグインを削除することもできません。

私は当時、ネットオウルのミニバードでサーバーを借りてました。

いろいろ調べるとミニバードの管理画面にあるFTPか、外部のFTP無料ソフトを使いワードプレスのファイルを操作すれば、なんとかなりそうって事がわかりました。

エラーがプラグインの場合の対処の仕方

いろいろググってたら似たような状況の人を見つけました。

ジェットパックを更新したら真っ白になったって書いてました。

プラグイン以外に原因がある場合にはエラーメッセージ表示させphpを修正すると直ったりするみたいです。ただ今回はプラグインが原因なのでまずプラグインを無効化させます。

無効化するにはサーバー、もしくはFTPなどでプラグインフォルダの名前を変更すればいいそうです。wp-content内にある「plugins」を「_plugins」などに変更。私はこれでログイン出来るようになりました。

私の場合はプラグインが原因みたいでして、エラーにはジェットパックがからんでるのがわかるような記述があったんです。

私のエラー内容

「致命的なエラー:スラグのadmin-ページ/ class.jetpackランディングページでライブラリを見つけることができません。で/home/sapone/sapone.minibird.jp/public_html/wp-content/plugins/jetpack/require-lib.phpライン上の35」

この文言から、ジェットパックのプラグインを更新したことが原因でエラーになった事が推測されましたので、ジェットパックのプラグインのフォルダ名を変更することにしました。

ミニバードでFTP設定の方法

まずミニバードの管理画面からFTPアカウントの設定を開きます。

ミニバードFTPアカウント設定場所

ミニバードのサーバー管理ツールにFTPアカウント設定があります。

ワードプレスをインストールしたら、自動で初期設定というのが作成されています。初期設定はアカウントにはいらなくて0のままです。

新たにIDとパスを設定して作る事ができるので、作成するとアカウントが1に増えます。

もし、ミニバードのFTP初期設定のIDとパスが見つからない場合は、新たにIDとパスを作成すればいいです。

ミニバードで新たにFTPアカウントを取る

ミニバードのサーバー管理画面をだします。左の各種情報の下 サーバー情報をクリックするとサーバー基本情報がでます。

一番上にあるホスト名をメモします。

FTPのアカウントの設定方法

左のサーバー管理ツール下 ホームページのFTPアカウントをクリックすると下記の画面になります

ドメイン名の選択のところをクリックします。私は3つあるので一番上にしました。最初に作ったものだったのでとりあえずそれにしました。

 

下の画面では、左端の編集をクリックします。ftpにログインするなら、ログインボタンをクリック。ここでもHPのファイルを見れますが、今回は外部フリーソフトを使うのでそのままスルー

FTPアカウント設定画面から FTPアカウント追加画面タブをクリック

FTPアカウントIDはお好みの文字 例えばtestなどでもいいです。

パスワードも英数字を入力後忘れないようメモします。

ホームパスは、ここを空白にすると自分のサーバー全体が見れますので空白にします。(最初からあった初期設定のものはそのサイトしか見れません。例えば3つサイトを作った場合に全部まとめて見たい時に便利です。

サイズはよくわからないけどゼロに。入力して確認画面をクリックすると完了。

ミニバードのFTPはフォルダ名が変更できない

ここまでやっておいてなんですが・・・

しかし、残念な事にミニバードのFTPでは、フォルダ名を直接変更することが出来ませんでした。できるとすればフォルダを削除して変更したフォルダをアップロードするしかないかなーって。

備忘録
ミニバード管理画面のFTPからファイルの名前を変更するのは可能ですが、フォルダの名前を変更できない

当時は、ミニバードの管理画面にFTP設定にログインすればファイルを操作できますが、ファイル名を一時的に変更したい時など方法がわからず、どうしてもミニバードじゃない外部のFTPソフトが必要になりました。

カヨ

ここで、大変時間がかかりました
なんでも勉強だよ

ケイコ

それに初心者の私には、ファイルやフォルダを削除することなんて怖くてできませんでした。ブログのダッシュボードに入れなくなっただけで、頭の中が真っ白状態!

ミニバードはわからない時に、電話で問い合わせができないのでホント初心者泣かせです。昔はできたんですが、私も何度かお世話になりましたが、今は経費削減のせいかできません。

その点エックスサーバーは初心者にも優しいので引っ越ししてよかったです。

エックスサーバーへワードプレスの引っ越しをした理由と良かったと事6つ

その時は、しょうがないので他のやり方を探りまして、外部のFTPソフトを使うことにしました。

カヨ

諦めずに頑張った

はじめのFTP導入と設定

FFFTPソフトでHPに接続する

続いてFFFTPソフトの方ですが、最初設定の方法がわからずに戸惑いました。適当にやったら変になってしまうのでは不安でずっと触れずにいました。調べてやってみたら意外と簡単。

FFFTPソフトをダウンロードしておきます。

新規ホストの最初の設定画面

接続⇒ホストの設定をクリックするとこの画面になります

次に新規ホストをクリックします

FTTTPソフトの新規ホスト設定画面の説明

この設定画面を見ると必要な項目は、黄色に印付けてるところです。

ミニバードの管理画面から調べた、ホスト名、とFTPアカウント追加設定したユーザー名、パスワードをそれぞれ入力します。

最初わからない時は 上の3つを入力するだけでも接続して HPの中が見れるようになります。

各設定の説明

ホストの設定名

ホスト一覧に表示される名前。自分で分かりやすい名前を入力します。もし入力しなかった場合、最初に入力したホスト名がホスト設定名となります。

ローカルの初期フォルダ

自分の作成したサイトのデータ HPを入れる場所を指定しておきます。最初に専用フォルダを作っておくといいです。最初はサーバーに置いてあるファイルをダウンロードする時などに使えばいいかもです。

ホストの初期フォルダ

FFFTPに接続したときに自動的に最初に出てくるサーバー側のフォルダを指定できます。データをアップロードする時に指定しておく時に使います。

最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする

ここにチェックを入れておくと、最後にアクセスした場所を次回も表示してくれます。

ここまで出来たらHPに接続してみましょう。

ホスト一覧に接続があるのでクリックします。画面右にサイトのHPが見れるはずです。

FTP使用してプラグイン無効化

そこで、wp-content内にある「plugins」を「_plugins」などに変更ではなく。さらに下の階層にあるジェットパックの

wp-content/plugins/jetpack←ここをjetpackoldに変更してみました。

やっとダッシュボードに入れる事ができ、無効化されてる状態のジェットパックを削除しました。その後、ジェットパックのダウンバージョンをインストールすればいいとあったのですが。

プラグインのバージョンがエラーの原因

でも、ひとつ気になる事がありました。どのバージョンに戻すかなんですね。

それとジェットパックのフォーラムを読んでたら、エラーが出てる報告に対して対処したと書いてたので、もしかすると最新のバージョンを入れたほうがいいのではないかと思いました。

もしダメならまた、さっきの方法でやってダウンバージョンをインストールすればいいわけで。

ちなみにダウンバージョンはこちらより Jetpack by WordPress.com — WordPress Plugins

4.02をインストールしてみたらうまくいきました。

おかしくなった時に、統計なんちゃらが上のバーに出てたんですが今度のはありませんでした。これがおかしくなった原因かなと思います。

でも、今回の事でいろいろ勉強になりました。

まとめ

  1. FTPを使う事で、ワードプレスのファイルを外から操作できる
  2. ミニバードはFTPなくても管理画面からファイルを操作できますが、私はフォルダ名の変更ができなかったのでFTPが必要だった。
  3. もしプラグインがエラー原因の場合、FTPでフォルダ名を変更⇒ダッシュボードに入りフラグインを削除⇒前のバージョンをインストールしなおす。
  4. プラグインの設定内容を確認する。

でも、バックアップの方法と戻し方がまだわかってないので、まずそっちをマスターしたいと思ってます。なんでも、バックアップは大事ですね。ワードプレスの本体をバージョンアップする時もちゃんとバックアップとらないと大変ですからね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です