アフィリエイトで検索されやすい記事にするキーワードの選び方

最初はアフィリエイトの記事を100書けたらいいのだと思って、ひたすら書いてました。

自分の経験した事や、わかりにくい事などを調べて書いてたので、書く事は苦にならなかったです。どちらかというと好きなほうです。

でも、他でも書いたのですが、アフィリエイト100記事かいても読まれているのはたった10~20記事ほどです。

アフィリエイトで記事を書く為に初心者が気をつける事

検索でキーワードを気にしだしたのは、ほんのここ数か月の事で、今日までの2年半は、好きなように書きたい事を書いてただけ。

なので、アフィリエイト記事をリライト(見直し)した時には、えええ!こんな書き方をしてたんだ!って書いたものを全部消したいくらいでした。

カヨ

何を書いてんだかさっぱり
今でもわからんけどね

ケイコ

たまたまですが、適当に書いた記事の中に大きなボリューム(検索する人が多い)で、上位5に入ってるのがあります。

最近まで、なぜその記事が上位になるのか理由がいまいちわかってませんでした。なんとなく、私が適当に書いたキーワードが穴場のワードだったんだと思ってました。

その答えは最後の方に書いてありますので、すっ飛ばしてくださいませ。

キーワードの調べ方

キーワードの探し方

関連キーワードとは、あるキーワードに関連している別のキーワードのことを指します。

自分で思いつく限りのキーワードを調べてもいいのですが、それでは効率が悪いので、下の無料ツールを使って貯めておきます。

 

関連キーワード取得ツール

アフィリエイトのキーワード

アフィリエイト

取得開始をクリックする

アフィリエイトのキーワード

アフィリエイト

 

 

調べたいワードを入力すると右に重複を除いてテキストに出してくれます。調べたいワードは、いろんな切り口調べてエクセルやGoogleドライブのスプレッドシートへ貼り付けてためておきます。

今回は「キーワード」で調べましたが、他にもそれに関連しそうなキーワードを入力して調べます。

思いつくだけ調べたら、エクセルにまとめておいて、最後にキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデーターを確認する」に張り付けて調べます。

下のキーワードプランナーでも調べれますが、上の方法で調べたほうが効率が良いので、飛ばして次の

「キーワードにボリュームがあるか調べる」へ飛んでください。

 

補助で使う

キーワードプランナー

アフィリエイトのキーワード

アフィリエイトのキーワード

キーワードプランナーには、①「新しいキーワードを探す」、②「検索のボリュームと予測のデーターを確認する」の二つがありますが、それぞれ目的が違います。

これから新しいキーワードを見つけようと思う時は①「新しいキーワードを探す」の方を使います。

使うのは、上の関連キーワードを使ったほうが大量に調べる事ができます。キーワードプランナーで調べる時は、切り口を変えて「これはどうかな?」って感じで試してみる時に使ってました。

他にも下のようなツールもあります。私は上の二つを使う事が多いです。

goodkeyword

グーグルトレンド

グーグルトレンドは、アフィリエイトとは手法が違います。時事ニュースやタレントの事を書いてPVを上げるやり方です。

 

また季節に関する事やトレンドに関する事は3か月前に書いた方がいいので、今から書くのであれば2月のバレンタインデーでしょうか。

実際、今までアフィリエイトの記事を書いてから3か月くらいしてようやくPVが増えてきてる気がします。ずっと先の事を念頭に置いて取り掛からないと、今頃クリスマスの事を書いても遅いという事ですね。

 

キーワードにボリュームがあるか調べる

こちらは、上で貯めた情報からどれだけボリュームがあるか調べます。だれも調べてないようなキーワードでアフィリエイトを書いてもあまり意味がないというか、上位表示してもらえないので使いません。

キーワードプランナー

②「検索のボリュームと予測のデーターを確認する」の方を開いて、エクセルなどに貯めたキーワードを張り付けます

ここで一行にひとつワードが入るように貼り付けするため、エクセルやGoogleドライブのスプレッドシートを使ってます。

こんな感じに張り付けます。

検索したあと、タブを予測データー、除外キーワード、過去の指標の3つがありますが、右にある過去の指標を選びます。

カヨ

過去の指標のタブをクリックね

次に月間平均検索ボリュームをクリックし並べ替えします。

 

ここで、どうやって選ぶかですが、私もまだいろいろ試し中なのです。

いえるのはボリュームが大きいほどいいという事。

それと大事な事は、ボリュームがほとんどないキーワードは書いてもあまり効果ないという事です

ボリュームのないものは数字のところが横棒になってます。そんなワードで書いても、だれも見てくれないのです。

重要
ボリュームのあるキーワードを使う

 

広告の金額については広告(リスティング)にお金を出してる人が、参考にすると思うのであまり気にしてません。

ボリュームは100~1000がいいとか、大きくてもいいとか、いろいろ書かれてます。

私のやり方では、競合が低で大きなボリュームがあるものを選んでます。競合とボリュームの両方を見て選んでます。

 

例えば昔かいたアフィリエイト記事なんですが・・

何もわからない時に書いた適当に書いたアフィリエイト記事なのに、ボリュームのあるワードなので5位でもPVを稼いでくれてます。

それがどうしてなのかずーっと疑問でした。

偶然なのか、お宝だったのか?まだアフィリエイトの初心者だったし、不思議でなりませんでした。

で、やっとその答えがわかったんです。それが下の出現率に出ておりました。

出現率の確認に使う

  1. ファンキーレイティング

最初、他のツールを見てましたが、サイトをhttpsにしたとたん見れなくなったので、ファンキーレイティングを使う事にしました。

試しに、一番の稼ぎ頭のキーワードを調べてみると!出現率がなんとトップ3にピタリとおさまってたんですね。

ただし複合ではなく、単一のワードなのですが。

カヨ

やっぱり上位にいるのはこれが原因かと思いました
気付いたのが遅いけど

ケイコ

SEOがわかってない状態でも、諦めずに続けてブログを書いてたのですが「なぜこうなの?」という現象が出てきました。その現象がこれでしたが、要するに狙ったキーワードが少なすぎたり、多すぎたりしてもダメって事なのでしょうね。

今更ですが、アフィリエイトでキーワード大事です。それと文章の中にどれだけ含まれているかも大事です。

出現率は、一度最初から見直してみたいと思います。

ただ、今変更したからと言っても、すぐに結果がでないので数か月様子みてから結果を報告します。

リライトや順位の確認に使う

 

✔ グーグルサーチコンソール

どんなキーワードで検索されてクリックされたかを見ます。

✔ Googleアナリティクス

クリックされて私のページに来ました。それからどう動いたのかをみます。

✔ 検索順位チェックツールGRC

狙ったキーワードの順位が上がっているか確かめるのに使います

それぞれ説明すると長くなるので別にしますが、一度アップした記事を3か月ほど放置して、どうなったかを確認します。

まとめ

誰も見てないようなキーワードで記事を書くのはやめたほうがいいです。いつまでたっても検索の順位があがりません。

検索で順位が低いままだと、アナリティクスの回遊率や滞在時間、直帰率にも影響があるので放置しないで対策をした方がいいです。

今まで上位に来てたのは、偶然ではなくキーワードの出現率がちゃんとトップ3に収まっていたからだと思います。