ワードプレスのバックアップUpdraftPlusは初心者でも簡単復元できる

ある日プラグインをバージョンアップした後、ブログにログインができなくなりました。

そもそも何が起こるかもわかってないのですが、いつものように何も考えずにプラグインの更新をクリックしてました。

パソコンを使っていて一番怖いのはデーターが消えてしまうことです。

万が一の為にバックアップを取っておこうと思うのですが、どうやっていいのかもわからないのでやってませんでした。

レンタルサーバーなのでデーターが消える事はないけど、サイトに入れないなんて・・・

カヨ

予想もしてませんでした

ログインができないので、もちろんダッシュボードにも入れません。

一応、バックアップのプラグインは入れてましたが、まだワードプレスにも慣れてなくて元に戻す方法も知りませんでした。

ネットオウルのレンタルサーバー

当時、私が使っていたのはネットオウルです。

調べると、ネットオウルのFTPからログインしてプラグインのフォルダ名を××oldに変更して、サイトにログイン。

ログイン出来たら、問題のプラグインを削除してバージョンを一つ下げたものをインストールする。という方法が書いてありました。

この時の経験から、ログインが出来ない時はFTPからログインしたら解決できることがわかりました。

この時の事を書いています。

プラグインのバージョンアップ後ワードプレスのダッシュボードに入れず困ったら

FTPソフトを使ってフォルダ名を変更

FTPソフトは、ネットオウルからもログインができるのですが、無料のソフトを使う事もできます。

あとはバージョンアップしたプラグインを停止、ダウンバージョンにして元に戻すことに成功しました。

でもネットオウルのFTPではファイル名は変更できるのですが、フォルダ名を変更する方法がわかりませんでした。

その時もネットでググり、外部のフリーFTPソフトを使ってフォルダ名を変更しました。

でも、この時のようにプラグインを触るだけならいいですが、ワードプレス自体をバージョンアップした時はムリです。

全体をバックアップしたものを戻すしか方法がないと思いました。

ワードプレスのバックアップをもとに戻す

私はせっかくプラグインでバックしても、もとに復元する方法を理解していませんでした。

外部のフリーFTPソフトを使っていた事もあるので、そちらにバックアップしておけば元に復元できるのでしょうけど。

いちど練習なりしておかないと、すごく不安だったのでワンクリックでバックアップをもとに戻せるものを探していました。

UpdraftPlusのインストール方法

このプラグインは難しい操作を必要とせず簡単にもどせます。

  1. プラグインの管理画面の新規追加から「UpdraftPlus」でインストールしてね
  2. キーワードにUpdraftPlus と入力する
  3. いますぐインストールクリックする
  4. プラグインを有効化する

UpdraftPlusで簡単バックアップ

上の今すぐバックアップをクリックすればいいだけです。

もし、ワードプレスそのものをバージョンアップする時は、直前にバックアップをしてからすれば安心です。

上の復元をクリックすると簡単に復元できます。

 

バックアップの内容

上のバックアップの内容はデーターベースと、プラグイン、テーマ、アップロードファイルその他(他のディレクトリ)になっています。

それと、ワードプレス本体を更新する時や、テーマ・プラグインなどの更新する時「更新の前にデータベースファイルをバックアップしてください」というメッセージが表示されます。

でも、何がどれなのかがよくわかってなかったので、ここでおさらいです。

  • データーベースは、記事本文やカテゴリー、タグやコメントなど
  • ファイルは、ワードプレス本体、プラグイン、テーマー、画像など(htmlやcss php 画像など)

UpdraftPlusがオススメな理由

ほんとはFTPソフトを使ったほうが、いちばん簡単なのは薄々感じてます。左から右にドラッグしたらバックアップができて、右から左へコピーペしたら元に復元されるからです。

一度やったことがあるので出来そうなんですけど、なぜしないかといえば、定期的にバックアップしてくれないからです。

バックアップはつい忘れてしまいがちです。できれば自動でしてくれる方が有り難い。

  • プラグインだとスケジュールを設定するだけで自動でバックアップしてくれます。
  • 外部のオンラインストレージへバックアップしてくれる。ドロップボックスやワンドライブなど
  • データベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイル、wp-contentディレクトリごとにバックアップと復元ができる

 

バックアップはwebサーバー上へ保存

保存先をドロップボックスやワンドライブなどのバックアップは、Webサーバー上に保存できるので、もしもの時安心です。

ただし保存データーの上限があるので、大きいファイルがある方はご注意ください。

これでかねてからの不安も解消しましたので、安心してバージョンアップができます。

いろいろ失敗しながら理解していく事が多いけど、まったくお手上げ状態になった時バックアップがあるかないかで全然違いますもの。

とりあえずもとに戻せるのは心強いです。

エックスサーバーでバックアップ

実は、あれからエックスサーバーへ引っ越ししました。

最初はできるだけ費用を抑えたくて、ネットオウルでひと月300円ほどレンタルサーバーを使ってました。ネットオウルは現在スターサーバになってます。

安いのが取り柄で、初心者の頃はあまりお金をカケたくない一心でしたので、スターサーバーにしました。この頃はまだ、電話の問い合わせもできたのですが、経費削減なのか、ヘルプがメールだけしかできなくなってました。

初心者だからこそ、わからないことだらけなのに、何をどうして良いのかわからないのにメールしか質問できないのは不安です。

いろいろ考えてエックスサーバー 引っ越しすることにしました。エックスサーバーは電話の問い合わせもできます。

それより、毎日自動でバックアップしてくれています。

そのへんの経緯はこちらです。

エックスサーバーへワードプレスの引っ越しをした理由と良かったと事6つ

エックスサーバーなら、サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応しています。

MySQLデータベースの過去7日分のバックアップデータは、サーバーパネル上の「MySQLバックアップ」より無償で復元できます。

いざという時の為に、バックアップは必要です。

毎日バックアップするのはちょっと大変なのですが、エックスサーバーでデーターベースが自動バックアップされていれば安心。

いざとなればワードプレス本体、テーマやプラグインは、ネット上からインストールしたらいいので、なんとかなります。画像も戻すのがめんどくさいけど、探せば自分のPCに入ってます。

不具合が起こるとすれば、本体をバージョンアップした時とテーマやプラグインをバージョンアップした時で、その時はワードプレスにログインすら出来ないと思います。

ワードプレス本体にログイン出来ない

ただし、本体のワードプレスの管理画面が開かない場合は、エックスサーバーのFTPから操作できます。

カヨ

ログインできないとプラグインすらさわれませんから

プラグインやテーマをバージョンアップして不具合

エックスサーバーのサーバーパネルからFTPアカウントの設定を開いて、-1やoldをつけるなどフォルダ名を変更します。わかりやすい名前にしておきます。

その後ワードプレスにログインしてみて、テーマやプラグインを削除⇒バージョンアップが駄目ならバージョンを前に戻し、インストールし直します。

ワードプレス本体をバージョンアップして不具合

ワードプレスをバージョンアップしてログインできなくなった場合のために、バージョンアップする前に全体のバックアップを取っておきます。

エックスサーバーでバックアップするのは簡単なのですが、もとに戻すのはなんとなく難しそうなので、やっぱり外部のFTPソフトでバックできるようにしたいと思ってます。

プラグインのバージョンアップ後ワードプレスのダッシュボードに入れず困ったら